演奏:ロジャー・ラウザー
音楽:E. Toppinen (APOCALYPTICA)
 この音楽はDOWNLOADSのページでダウンロードすることができます。

 

『赤毛のアントークイベント』 2014年10月19日
  福田真理、ロジャー・ラウザー

『アンが愛した聖書の言葉』 2014年10月19日
  長谷川葉生、宮葉子、林桃子

『社会と人生におけるアートが果たすべき役割とは何か?』 

  2013年7月13日
   谷中啓子、立島惠、渋谷悠、
   林桃子、大竹堅固、廣田良美

礼拝における『美』と『巧みな技』、 井上義

『フラワーアレンジメントと福音』、 三浦俊夫

『教会:アート、食、信仰が出会う場所』、 大竹堅固

『栄光:究極的な美を表現する言葉』
  ベアニース・ラリッグ(豪)
  立石充子 通訳

『礼拝とみ言葉』、 2012年10月28日
  ナンシーネザーコット、高奈美香

『破片から宝石へ』、 Nozomiプロジェクト

賛美の『美』を探す、 ロジャー・ラウザー(米)
  堀野陽二 通訳


記事

『支援物資、行き場なしー民間は需要把握し効率化』 という記事が朝日新聞2011年11月6日に掲載されました。継続的なコンタクトにより被災者のニーズが分かる私達は適切な協力ができました。記事を読んだ後、「行き場なし」の物資も被災地に運びました。

『被災者のために一致団結』 という記事がJAPAN TIMES2011年4月1日に掲載されました。東京月島のコミュニティーでの支援活動の始まりについてです。この動きを通して、人々のつながりからコミュニティーアーツ東京が生まれました。

他の記事

“The Aroma of Beauty: Music in Disaster Relief”
Worship and Mission for the Global Church
2013年(英語)

「チャリティ活動などを通じて復興支援をしていきたい」
Lee 2013年3月号

「被災地でオーケストラ作りたい」
クリスチャン新聞 2012年12月23/30日

「避難者に心安らぐ時間を」
福島民族 2012年6月10日

「Wie Musiker nach einer Katastrophe Trost bringen」
Crescendo 2012年4月号(ドイツ語)

“Beauty Through Japanese Eyes: The Tale of Genji as a Window to Japan – Part 2″
Japan Harvest 2011年冬号(英語)

“The Organ and Disaster Relief: An American Organist in Japan”
The Diapason 2011年10月号(英語)

“Current Students and Alums Reach Out to Japanese Earthquake Victims”
The Juilliard Journal 2011年10月号(英語)

“Hope for Japan”
Network 2011年夏号(英語)

「目の前の必要と魂の必要に答えたい」
クリスチャン新聞 2011年4月10日

“Organ and Missions in Taiwan, Japan, and Indonesia”
The American Organist 2011年(英語)

“Beauty through Japanese Eyes: The Tale of Genji as a Window to Japan”
Japan Harvest 2010年冬号(英語)

“Short Films and Church Planting”
Japan Harvest 2010年夏号(英語)

“The Spiritual Power of Bach’s Organ Music in Japan”
The American Organist 2010年3月号(英語)

“The Arts in Mission: From Peru to Japan”
Japan Harvest 2008年秋号(英語)